ダンスに迫るキレッキレ具合。

64台のフロッピードライブと8台のハードディスクと2台のスキャナーによるオーケストラ、The Floppotronの創造主Pawel Zadrozniakさんが、今度はマイケル・ジャクソンの名曲「ブラック・オア・ホワイト」をカチカチとカバーしました。



「ファイナル・カウントダウン」に続いて、こちらも素晴らしい音のそろいっぷり。特にスネアらしきカチッという音の渇き具合が原曲に近くて、いとアガります。下列左端のHDDがスネアの役割っぽい動きをしている?

懐かしき原曲はこちら(michaeljacksonVEVOより)。アウトロの感じも似てる似てる。



source: YouTube1, 2

ヤマダユウス型