イスラエルでなんて、まるでインテルのプロセッサみたい?

来年の、iPhone登場10周年に合わせて、大改革がうわさされる、2017年の次期iPhone(通称:iPhone 8)。そのiPhone 8の開発は、イスラエルで進んでいるという、興味深いうわさが新たに流れています。

MacRumorsによれば、この情報はApple(アップル)に関連する現地社員から得られました。また、その社員によれば「Apple社内では次期iPhoneを、iPhone 8と呼んでいる」そうなんです。おお、やはりiPhone 7sではなくiPhone 8なんですね!

さらに報道では、iPhone 8はiPhone 6s/7より高性能のカメラを搭載しているそうです。iPhone 7では全モデルのカメラに光学手ブレ補正が搭載され、Plusモデルにはデュアルカメラがやってきました。これ以上カメラ機能を向上させるなら、全モデルにデュアルカメラを搭載するとか…? どんな高機能なカメラになるのか、まだわかりませんが、実に楽しみな情報です。

他にも、うわさされているように、iPhone 8はiPhone 4にも似た全面ガラス筐体を採用し、ディスプレイはフロント面いっぱいに広がって、ホームボタンが廃止されるといわれています。さらに無線充電や虹彩認証機能など、iPhoneがAndroidスマートフォンに遅れていた機能が一気に盛り込まれる…なんて話もありますね。

2017年に登場する次期iPhoneは、スペックだけでなく私達の生活をも変えるような製品になるのでしょうか? それにはAndroidスマートフォンの後追いではなく「One more thing…」となるサプライズがあってもいいような気がしますよ!


image by Marek Weidlich
source: MacRumors

(塚本直樹)