最盛期を知る者からはさみしい話。

かつて高位機種、ハイエンド端末として人気を博したBlackBerry(ブラックベリー)が、モバイル端末の開発打ち切りを発表しました。ハードウェアは社内での開発を終え、今後、提携企業に外注していくことになります。また、BlackBerry自体は、セキュリティ面やアプリなどのソフトウェア開発にフォーカスしていくということです。

BlackBerryがハードウェア開発中止に至るには、長い道のりがありました。iPhoneがリリースされスマートフォン業界が盛り上がる中も、BlackBerryはBlackBerryとしての存在感と確固たる位置をもっていました。しかし、それもiPhoneが数回バージョンアップする頃には、陰りが見え始めました。タッチスクリーンが一般化してもなお、ミニキーボードを貫きましたが、ついにはキーボードなしの端末(Blackberry Z10)を発表。しかし、時すでに遅し。AppleSamsungが、すでに市場の大部分をしめていました。

スマートフォンビジネス継続の道を模索するBlackBerry。昨年にはAndroid端末Balckberry Privをリリースし人々を驚かせるも、評判はいまひとつ。投資家サイドからハードウェア製造を打ち切るよう打診されますが、まだ諦めません。今年7月には、2代目となるAndroid端末DTEK50をリリース。300ドルという低い価格設定でユーザー獲得を狙うもふるわず…。ついに、ハード開発打ち切りを迎えました。

かつてはオバマ大統領も愛用していたBlackBerry。2009年には電話市場の5分の1を有していたBlackBerry。テック業界の移り変わりの速さがうかがえますね。今、人気の端末が7年後にはどうなっているのか…。


image by Svetlana Dikhtyareva / Shutterstock.com
source: Market Wired

Michael Nunez - Gizmodo US[原文
(そうこ)