パクリじゃなく、インスパイア、そして敬意。

多くの映画人が有名監督や他の作品に影響を受けているのは知られていますよね。しかし、どれくらい似たシーンが存在するのでしょうか? 

今日は、以前紹介した異なる映画、異なるジャンルの酷似しているシーンを比較した動画の続編をご覧いただきます。



Konbiniが取り上げたのは自称女優兼映像エッセイストのキャンディス・ドルーエさんがまとめた「Scenes Alike」の2作目。

クエンティン・タランティーノ監督のマザファッカ・ギャング・ムービー「パルプ・フィクション」とウェス・アンダーソン監督のアンサブル映画「ムーンライズ・キングダム」のダンスシーンは意外なほどソックリ。

また、麻薬による転落人生を描いた究極の鬱映画「レクイエム・フォー・ドリーム」は、今敏監督のR15アイドル・サスペンス「パーフェクト・ブルー」の一部をオマージュしているというのは有名。

それにしても、これを見ていると映画監督がさまざまな作品からどれほど影響を受けているのかがわかりますね。

おまけに、映画「スーサイド・スクワット」でハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビーとVogueによる、映画「アメリカン・サイコ」のパトリック・ベイトマンのパロディ動画をどうぞ。



source: Vimeo via Konbini

(中川真知子)