医療界にとてつもない希望の光!

イギリス在住の44歳の男性が、歴史上初のHIV治癒にあと一歩のところまで来ています。科学者たちは新しい治療を試みていて、その結果この患者さんの血液内からHIVウイルスが完全に除去されたとのことです。

イギリスにある5つの大学から集結されたチームは現在、50人の被験者対象に治験を行なっています。イギリス国立衛生研究所のディレクターであるMark Samuels氏は、「我々は現在、HIV治癒のための本当の可能性を探求中。これは大きな挑戦なのです。今のところまだ初期段階ではありますが、進歩はめざましいものです」と語っています。

現在行なわれている抗レトロウイルス療法では、HIVウイルスに感染したT細胞に対しては効力を持ちますが、ウイルス感染後で潜伏中のT細胞には効力がありません。これでは患者さんの体はウイルスを作り続けてしまうため、イタチごっこなのです。

「この治療法は潜伏中のウイルスも含め、すべてのHIVウイルスを除去するように作られました」とインペリアル・カレッジ・ロンドンのSarah Fidler教授は話しています。今回の治療法は2段階で構成されていて、まずワクチンが体内にあるHIVウイルスに感染した細胞を感知・除去します。そして「ボリノスタット(Vorinostat)」と呼ばれる新薬で潜伏中のT細胞を活性化させます。こうすることで患者さんの免疫システムがT細胞を見つけて、攻撃を加えることができるのです。

今回、血液中からHIVウイルスが完全に消えたという患者さんの身元は明かされていませんが、ロンドン在住のソーシャル・ワーカーとのことです。彼は「本当に治癒できるなら最高だ。数週間前の血液検査ではウイルスは一切検出されなかったんだ」とこの結果に大変喜んでいるそうです。

とはいうもののFidler教授は慎重で、「私たちはこれからも向こう5年間は治験を続けていきます。現時点では、この治療法を完成させるまで、まだまだ長い道のりがあります」と話しています。それでもHIV感染者には大きな希望の光です。もうHIVは「死の病気」ではなくなってきている証拠ですね。


image by Alexander Raths / Shutterstock.com
source: The Telegraph

Rhett Jones - Gizmodo US[原文]
(岩田リョウコ)