All aboooooooooard!(出発進行!)

みんなの心にひそむ森本レオ、あるいは世界でもっとも有名なしゃべる機関車としておなじみの「きかんしゃトーマスとなかまたち」。1984年にイギリスで始まったこの人形劇も、30年を超える長寿シリーズに成長しました。「ひらけ! ポンキッキ」も懐かしい。

しかし、世界的に有名なあのスマイル車体は見ようによってはちと怖いのも事実。まかり間違って暴走特急トーマス・エクスプレスみたいになったとしたら、懐かしきテーマソングもこんなオジー・オズボーン風のヘヴィ・メタルになるかもしれません。



演奏しているのは笑顔メタリストの331ErockことEric Calderoneさん。笑顔の裏にグラシャラボラスが爆走する、そんな情景が浮かんでくるとかこないとか。

動画を取り上げていたNerdistによると、Ericさんはトーマスや「チャギントン」(トーマスっぽい鉄道CGアニメ)を怖いと思っているとのこと。そのへんを「クレイジー・トレイン」に引っかけてオジー・オズボーン風のアレンジに演奏したようです。上手い、客車一両っ!

本来のOPテーマはこれくらい平和なノリです。でもゴードンとか幼心に怖かったなぁ、めっちゃキレてるしなぁ……。



image: YouTube
source: YouTube1, 2 via Nerdist, Google

(ヤマダユウス型)