でかいものはでかいものと比較すれば、その大きさがよくわかる法則誕生。

巷では、たくさんのおもしろフォトショップ画像が溢れていますが、今回紹介するのは、勉強になる良質なフォトショップ画像。ビル、船などのでかいものが、実際はどんな大きさなのか実感するために制作された、Kevin Wisbithさんによるフォトシリーズです。

上の写真はスター・ウォーズのデス・スターがフロリダ州上空を飛んでいる様子です。で、でかい…。



まずこれは、アメリカで2番目に高いシカゴの「ウィリス・タワー」が、ロシアにある世界最大のダイヤモンド鉱山「ミール鉱山」の中にすっぽり入っている様子です。

ウィリス・タワーは高さ527m、一方のミール鉱山は525mの深さ。ほんとにすっぽり…。ちなみにこのウィリス・タワーの高さは、2013年にワールドトレードセンターに1位の座を奪われてしまっています。



アメリカ空軍の爆撃機「B-2」は、フットボールスタジアムではこんな感じ。フィールドから翼が飛び出しています。



こちらは空母「ロナルド・レーガン」の上に、映画でお馴染みの豪華客船「タイタニック」がどーん。まだ64m余っているそうですが...。



次はニューヨークの「セントラル・パーク」に、世界で1番大きな石油タンカーが入っています。セントラルパーク強し!



ドバイにある世界で1番高いビル「ブルジュ・ハリファ」が、ニューヨークの摩天楼に入るとこんな感じ。ブルジュ・ハリファ、格が違いますね。



可愛い猫ちゃんの写真ですね...待った、変なのいますね。巨大サソリです。大きさのやばさ、よーくわかりました。本当フォトショップでよかった…。

これらの写真は実際にはありえない情景ですが、大きさは一目瞭然で実感できます。これなら数字で見るよりずっと頭に残りますね。クリエイティブ! Kevin Wisbithさんの作品ページにいけばもっと見られますよ!


Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文]
(岩田リョウコ)