リメイク=駄作ーーとは限りません!

リメイクが作られるとなると、「ハリウッドはネタ切れ」「オリジナルを汚されたくない」「どうせ失敗するだろう」といったネガティブな意見が必ずといっていいほど囁かれます。しかし、そういう残念なケースばかりではありません。

時にはオリジナルをよく理解した上で時代に沿ったテイストにしたり、より広い観客に見てもらうためにローカライズしていたり、素材をうまく生かして非常に尖った作品にし、観客を唸らすことがあります。

今回はThought Catalogがまとめた、素晴らしいリメイク版ホラー映画をお届け。過去20年に公開された選りすぐりの作品をお楽しみください。


「ハロウィン」



こちらの動画はevilutiontvより。

1978年に公開されたジョン・カーペンター監督の「ハロウィン」はスラッシャーフィルムのパイオニア。2007年にロブ・ゾンビ監督がリメイクした「ハロウィン」は、マイク・マイヤーズの心の闇を解き明かそうと少年時代を丁寧に描いています。それが作品をチープに見せる、またブギーマンの魅力を半減させると残念に思ったオリジナルファンも少なくないようですが、ゾンビ監督らしい過激描写多めのリメイクも中々の魅力です。


「ザ・リング」



こちらの動画はParamount Moviesより。

言わずと知れた日本を代表するホラー映画「リング」のハリウッド版リメイク。海外の映画ファンが理解しやすいように、馬が衝動的に自殺したりと恐怖を煽るアレンジが加えられています。オリジナルファンには物足りなさがあるかもしれませんが、海外だとサマラは最も恐いホラーキャラのひとりとして人々を恐怖に陥れています。


「クレイジーズ」



こちらの動画はAfilmtubeより。

ジョージ・A・ロメロ監督の「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」をブレック・アイズナー監督がリメイクした「クレイジーズ」。素晴らしいコンセプトを生かしきれていなかった上に、中だるみが激しかった原作のもったいない部分を潔くそぎ落とし、サスペンスとゾンビ要素を強めにした印象。それでいて、ロメロ監督が大切にしている「観客に訴えかけるゾンビもの」も生かされていて◯。


「REC:レック/ザ・クアランティン」



こちらの動画はBloody Disgustingより。

本リスト唯一のファウンド・フッテージホラー。2007年にスペインで公開されたホラー映画「REC/レック」のリメイクで、ジェットコースターよろしくスピード感とアップダウンが多いストーリー構成。オリジナルに敬意を表しすぎたのか、場所と出演者が変わっただけの完全コピペ。

英語を母国語とする人たちが「字幕を見たく無いから」「吹き替えじゃ興ざめしちゃうから」という理由でハリウッド版「ザ・クアランティン」を作ったのでは。


「ヒルズ・ハブ・アイズ」



こちらの動画はtrailerforsures kanalより。

1977年に公開されたウェス・クレイブン監督の「サランドラ」を、「ハイテンション」で一躍有名になったアレクサンドル・アジャ監督がリメイクしたR-18の「ヒルズ・ハブ・アイズ」。全体的にオリジナルをはるかにしのぐ残虐描写にあふれ、特に冒頭の過激な演出は物議を醸し、日本では公開が延期されたことも。


「マニアック」



こちらの動画はMovieclips Coming Soonより。

「ヒルズ・ハブ・アイズ」同様、アレクサンドル・アジャ監督のリメイク作。同監督はダメ評価なオリジナルをうまい具合に生き返らせることに本当に長けています。「マニアック」は1980年に公開された同名のアメリカ映画を2012年にアメリカとフランスの合作でリメイクしたスプラッター作品。

特筆すべきは、本作が、女性の頭皮を剝いでマネキンに装着させることを趣味とする猟奇殺人者のPOVということ。こんな特殊な性癖を持つ人の視点になれるなんて滅多なことではありません。アジャ監督の感性と鬼畜っぷり(もちろん褒め言葉)に感謝したくなる逸品。


「ドーン・オブ・ザ・デッド」



こちらの動画はZombie Maniaより。

1978年公開のジョージ・A・ロメロ監督作「ゾンビ」のリメイク。これは原作を超えたーーとかではなく、リメイクの正しいあり方を知らしめた作品というべきかもしれません。

ザック・シュナイダー監督はストーリーの基本を取り入れ、時代に沿ったスピードとワクワク感を加味した上で、ゾンビ・アポカリプスによる絶望感をうまく表現しています。


いかがだったでしょうか。個人的にはアレクサンドル・アジャ監督のリメイク作が断然オススメ。彼の作品は残虐描写だけでなく、ジャンルに対して卑怯なほど心に響く設定があったりするので侮れません。その他の作品も、見てよかったと思わせるようなエンターテイメント性の高いものばかり。ぜひオリジナルと比較しつつお楽しみください。


image by YouTube
source: YouTube 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, Thought Catalog

(中川真知子)