点と点が合わさって、ピタっと数字が表示される様子を見ているだけで楽しい!

ドイツのアーティストFelix Vorreiterさんが作った時計「FLUX 1440」はシンプルだけど、とっても複雑。滑車装置と、ところどころに黒いマーキングがしてある3,990フィート(1.2km)の白いロープだけで時間を表示しています。



ロープだけの状態だと、白いロープにランダムに黒いマークがついているだけのように見えますが、本体にセッティングして動き始めると、毎分毎分正確に時間が表示されるようにレイヤーを計算した配置になっているんです。

そのマークをつける作業は、想像するだけでも大変そう。だって、少しでもマークの長さが違ったり位置がずれてたら、綺麗に数字が表示されませんから!


仕組みも見た目もとってもユニークなデザインでピタゴラ風な雰囲気も楽しいし、飾ってるだけでお部屋の雰囲気がアートな空間になりそう。



でも、このとっても長い紐が絡まっちゃわないかな?とか、紐にホコリがたまらないように、マメに掃除しないと本体が故障しそうじゃない?とか、猫や犬がいたら遊んじゃってダメそう…などなど気になる不安要素もたくさん…。

気軽に手を出せない、愛情もってメンテナンスが出来る人限定の時計かも!?


image by Behance
source: Behance via Make

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(junjun)