黒いボディに白い模様、赤マントと緑の眼光……スポーン、お前がナンバーワンだ。

ヒーロー映画を再編集した動画の数々や実写版「攻殻機動隊」のティザーをつなぎ合わせた動画を制作したTim Gonzalesさんが、日本でもフィギュアがブームとなった「スポーン」の現代風ファンメイド予告編を公開しています。

実写版の「Spawn」に興奮した子供時代の思い出がこもった映像には、スポーンというキャラクターの素材の良さがたっぷりつまっています。



イメージ・コミックス社出版の「SPAWN」は、トッド・マクファーレンによるダークヒーローもののシリーズです。

策略により命を落とした一流エージェントのアル・シモンズが、魔界第8階層の支配者マレボルギアとの契約によって魔界の軍団を率いるヘルスポーンの将軍としてよみがえるものの、そこはなんと死後5年が経過した世界。

愛した妻は再婚して子供もおり、自身は焼けただれた悪魔のような外見になっているという悲惨な状況に混乱し、ひとまずニューヨークの路地裏で生活しながら、光と闇の間に道を探す……というハードなお話です。

同社から販売されているスポーンのフィギュアシリーズは非常にクオリティーが高く、日本にも多くのファンがいます。


2016年12月にリリース予定のフィギュア「Spawn:Rebirth


1997年に公開された実写版「Spawn」は特殊効果の面で高く評価されましたが、脚本のツメが甘く、テンポの悪さは否めないと言われている作品です。しかし、画面いっぱいにはためく赤マントや、虫のわいたピザを食べるクラウンなど、「そう、これが見たかったんだ!」と思わせるクールなシーンも多いため、スポーンのファンであればけっこう盛り上がれました。

ヒットしなかったために続編が製作されないまま20年が経過しようとしていましたが、今年9月にはComicBook.comが実写映画のリブート企画が進行中と報じています。

今回ご紹介した動画で「スポーン」に興味を持った方は、動画配信サービスhuluなどでアニメ版「SPAWN スポーン The Animated Series」を観るのも作品に触れる選択肢のひとつ。ひととおりの背景と登場人物を把握できますし、画面が常に暗闇で覆われている独特の世界観はクセになること請け合いです。

©2016 McFarlane Toys. All Rights Reserved.
Copyright 2015-2016 ComicBook.com. All rights reserved.


image by YouTube, McFarlane.com
source: YouTube, McFarlane.com, ComicBook.com, hulu

(勝山ケイ素)