一体、どういうことなの…?

毎日なにげに面倒くさい「衣類の折りたたみ」。ちょっと気を抜いて折りたたむのをサボると、部屋中が脱ぎっぱなしの服で溢れてしまいます。

そんな悲劇を防ぐため、世の中にないモノを創り出す技術集団のセブンドリーマーズは世界初の全自動衣類折りたたみ機「laundroid 1 - ランドロイドワン -」を2017年3月に予約販売すると発表しました!



laundroid 1について、現時点で判明している情報は多くはありません。本体は冷蔵庫のようなサイズの大きな直方体で、画像解析と人工知能、そしてロボティクスの力により衣類を自動で折りたたむとのこと。

利用方法は乾いた衣類をlaundroid 1に投げ込むだけ。するとどんな衣類なのかを自動で判断し、ベストな折りたたみ方を選択してくれるのです。さらに、仕分けモードで「アイテム別」「家族別」を選択することも可能。こいつ、恐ろしく賢いぞ…。



laundroid 1はパナソニック株式会社と大和ハウス工業株式会社の共同開発を進めており、決してお遊びのネタではないようです。2017年3月の予約販売では完成したハードウェアとベータ版のソフトウェアを組み合わせた製品が販売されるとのこと。そしてハードウェア、ソフトウェア共に完成した製品はさらに1年後の2018年3月に予約販売する予定です。

洗った服やタオルがいつの間にか自動で折りたたまれている未来、あなたも体験してみませんか?


source: セブンドリーマーズ via PR Times

(塚本直樹)