もうデジイチはいらない?

毎年進化を重ねる、ソニーの高級コンパクトデジタルカメラ「RX100シリーズ」。その最新作は見た目はほぼ変わらず、オートフォーカス(AF)性能が超絶進化していました。同社の最新コンパクトデジタルカメラ「RX100 V」の発表です!

RX100 Vはその名の通りシリーズ第5世代となるコンパクトデジタルカメラで、サイズを超えた1インチ/2010万画素センサーを搭載しています。レンズの焦点距離やF値は前モデルと変わらず、24〜70mm(35mm換算)、F1.8-2.8です。

そして、RX100 Vの最も大きな特徴として「ファストハイブリッドAF」の搭載があります。これはコントラスト検出方式AFと位相差検出方式AFを組み合わせたシステムで、なんとRX100 Vでは0.05秒という超高速な合焦を実現。つまりAFがとにかく速い! こんなクイックなAFがコンデジで楽しめるなんて、楽しみすぎるぞ! またAFポイントは315点で、フレームの65%をカバーしています。

さらに新プロセッサーのおかげで、秒間24フレームのフル解像度画像を最大150フレームまで撮影可能。画像はJPEGとRAWの両方で保存することもでき、動きのある物体のベストショットを逃すこともありません。

また、動画撮影機能も進化し、全画素読み出しによる4K録画が可能。最高録画ビットレートは100Mbpsで、プロ向けのプロファイルとなるS-Log2/S-Gamutにも対応しています。さらに最大1,000fpsのスローモーション撮影も可能とのこと。



本体サイズやデザインはRX100 IVからほぼ変わらず、ポップアップ式の有機ELファインダーやチルト式背面液晶を搭載。またレンズ周りにはコントロールリングを配しています。さらに、水中ハウジング「MPK-URX100A」も別売りで登場するそうです。

RX100 Vの海外向け価格は1,000ドル(約10万円)。最近は円高傾向ですし、このまま10万円ポッキリで国内でも売ってくれないかな? ソニーさん、お願いします!


source: Sony, The Verge

(塚本直樹)