いっそう、人々が現実に存在していたことを実感します。

ヨーロッパの研究者たちが考古学と3Dモデリングを使って、古代都市ポンペイの住居をデジタルで再現することに成功しました。その結果、火山の噴火によって破壊される前の建造物は、豪奢で色鮮やかだったことが判明したのです。

古代都市ポンペイといえば思い浮かぶのが、欧州最大級の自然災害で生き埋めとなった犠牲者たちの姿。原因となった西暦79年のヴェスヴィオ火山の噴火では1,000人以上が犠牲になり、ローマの街区もいくつか破壊されました。

このたび、スウェーデンのルンド大学の研究者たちが同都市の3D復元を行ったことで、この古代文明には建築とインテリアデザインに対する審美眼があったことがわかりました。



裕福な男性だったCaecilius Lucundus氏の大邸宅も再現されました(ルンド大学)

ポンペイの3Dモデリングを作るにあたり、イタリアの考古学者たちは2011年から2012年にかけて、噴火で埋もれた街の中でも保存状態のよい区画の遺跡をスキャンしました。その結果を3Dモデリングの技術と組み合わせることで、噴火直前のポンペイ市民の暮らしぶりが分かったのです。



研究者たちは当時の建物の床面を発見し、時間の経過による変化について詳細な研究を行い、居酒屋や洗濯屋、パン屋の遺跡を調査しました。また、水路や屋内の貯水池、複雑な装飾を施された祭壇や彫像、そして見事な天窓があったという建築的な発見がありました。建造物の元々の配色も、ほとんどが推測できたとのこと。

庭園も数多く発見されましたが、その1つでは街中に灰と軽石の雨が街に降り注いだ噴火時に、噴水から水が流れていたという証拠が見つかったとか。

さらに復元では、ポンペイのローマ人が住居に植物や木々を取り入れていたことや、彼らの優れた色使い(古代ギリシア人にも同じ傾向あり)も明らかにしています。

この3Dモデリングを見るうえで忘れてはいけないのは、こういった退廃的な住居はポンペイのなかでも最も裕福な人々の家であって、多くのポンペイ市民や奴隷たちの暮らしぶりを示すものではないという点です。ポンペイ全体の3Dモデリングが完成した暁には、異なる身分の人々の暮らしぶりも明らかになるのかもしれませんね。



Source: Lund University
George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
(たもり)