車の中は陸の孤島。

嵐吹く深夜、母が娘を助手席に乗せて夫の元へと急いで森の中の一本道を運転していると、路上に出てきた動物を轢いてしまい、車は大破。

ふたりは車中で立ち往生となり、救急車とロードサービスを待っていると、森の中には恐ろしい何かが潜んでいて……



こちらはA24がアップした、映画「The Monster」(原題)の予告編でした。なお、A24は無人島で死体と友だちになってサバイバルする映画「スイスアーミーマン」を手掛けたインディーズ・スタジオ。

轢いた動物には大きな牙が刺さっており、後に怪物の餌食になっていたことがわかります。舞台は深夜の森だけではなく、建物の内部でも恐怖で叫ぶシーンや、夜が明けてから娘が歩いているシーンも見られるので、化物の襲撃以外のドラマもあるのかもしれません。

救出に来た男性以外の男がチラっと映っていますし、そして何よりなぜ怪物が突然襲ってくるのか? 怪物の正体は何なのか?など、謎が多く、予告編全体を通して不気味な空気が漂っています。

COMING SOON.NETに掲載されたポスターも併せてご覧ください。



監督は「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」を手がけ、2008年のサターンホラー映画賞にノミネートされたブライアン・ベルティノ、主演は巨匠エリア・カザンの孫娘ゾーイ・カザン。

ゾーイ・カザンは祖母が劇作家、両親も脚本家というサラブレッドで、映画「ルビー・スパークス」で脚本・出演・製作総指揮を務めました。ホラー映画の主演は初めてなので、彼女の恐怖演技にも期待ができそうです。

「The Monster」は11月11日にアメリカにて公開。


image: COMINGSOON.NET
source: YouTube, COMINGSOON.NET

(岡本玄介)