相当な運転技術もいりそうです。

たくさんの便利な乗り物が登場してもなお、根強い人気を誇るスケートボード。ギズモードでは以前から、持つだけで車並みのスピードで走れる補助棒から、空に浮くホバーボードまでご紹介してきましたが、ついにボード自体に電動モーターがついたスケボーが登場しましたよ。



その名も「Boosted Board」というこちらの商品、見た目には通常のスケボーと変わりありません。

それもそのはずで、竹を基調としたボード本体は、あの人気ブランドLoaded Boardsとのコラボによって生まれたのだそうです。



オリジナルから改良が加えられ、「セカンド・ジェネレーション」と名付けられたこちら。公式サイトではすでに予約が開始されており、1,000ドル(約10万3千円)で、最高時速約29km、最大走行距離約13kmのモデルから、2,000ドル(約20万6千円)で最高時速約35kmのモデルまで、全部で3タイプ登場しています。



さらに、このBoosted BoardはBluetoothが内蔵されており、スマホアプリと連携することで、残りバッテリーやスピードなどが確認できるとのこと。



「スケボー版電動アシスト自転車」ともいえそうなこちらの商品。自身もスケーターである米GizmodoのAdam Clark Estes記者によると、「スケボーよりスノボに似た感覚。もちろんトリックには向かないけど、スイスイ進める快感はスケーターなら十分楽しめるガジェット」とのこと。

まだ日本への発送には対応していないようですが、国内では電動式キックボードなどと同様、原動機付き自転車として扱われる可能性もありますので、ご注意ください。



source: Boosted

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文]
(渡邊徹則)