Galaxy Note 7、背水の陣。

Samsung(サムスン)は、全世界でGalaxy Note 7の販売の一時中止を決定しました。

アメリカで航空機内で電池が炎上し、乗客が全員緊急避難する騒ぎが起きたり、米大手キャリアがGalaxy Note 7の販売&交換停止を発表するなど、連日続くGalaxy Note 7のバッテリー発火リコール問題。Samsungは、ついにGalaxy Note 7の製造を一時停止を発表し、生産スケジュールを「調整」したことを認めました。

「(米国では)すでに消費者製品安全委員会(CPSC)による問題の調査を受けています。リコール前のGalaxy Note7、また交換済みの代替機をお持ちの方も電源をオフにし、可能な救済措置を利用するようお願いします」と、Samsungの担当者は米Gizmodoに回答しています。

Samsungは「電池のマイナーな欠陥が原因」で発火事故が起こっていることを認め、世界10カ国で250万台のリコールを行ない、先月には代替機の提供を開始しました。が、その後もバッテリー発火問題は相次ぎ、先週だけでも数件の事故報告が上げられています。

これを受けて米大手キャリア4社すべてがGalaxy Note 7の販売と交換を停止すると発表。10日にはCPSC会長のElliot Kaye氏が、「顧客の安全性を優先してリーダーシップをとる」企業に感謝を述べながら、「この問題の調査期間中は、Galaxy Note 7のユーザーは電源をオフにし、速やかに利用を中止して欲しい」と呼びかけています。

安全だと宣言したはずのリコール後も発火が相次ぐGalaxy Note 7。日本では未発売のため、大きな問題にはなっていませんが、世界規模では大事件です。


Hudson Hongo - Gizmodo US[原文]
(mayumine)