あなたはどっち派?

先日、Twitterアカウント「WalkingCat」の投稿によって、Microsoft(マイクロソフト)が新たに3D機能つきペイントを準備していることが明らかになりました。

その使用イメージが、こちら。


Video: Introducing the New Paint Preview app https://t.co/wHzeAQkVqy pic.twitter.com/pk1f2MbNsM

— WalkingCat (@h0x0d) 2016年10月7日


動画ではサラッと「誰もが簡単に3Dペインティングを楽しめます」と紹介されているのですが…たしかにみている限りでは手軽に描けそうな印象。どこからともなく創作意欲が湧いてきた! なんて、秘めていたアートへの情熱が燃え始めてきた人もいるのでは?

一方で「『あなたの知ってる、みんなが好きなペイントと変わらないよ』という、彼女の言葉はウソ」と米Gizmodo記者。というのも、この新機能に関するニュースを受けて、素直に喜ぶ人と対照的に「今までのペイントが好きだったのに、よくも…」と嘆く人もいるようなのです。



米Gizmodo記事のコメント欄では、いままで有料のペイントソフトを使っていたことから「これはグッドニュースだ」と喜ぶ人もいれば「(Windows10にアップデートしたら)ソリティアの仕様も変わったし…」と、かつてのMicrosoftの標準搭載ソフトを惜しむ声、さらに動画の彼女のヘアスタイルについて議論が発展するなど、さまざまな意見が飛び交っています。

とはいえ、こればかりはいざ使ってみないとわからないもの。好き・嫌い、使う・使わないをジャッジする前に、ひとまず続報を待つことにしましょうか。


image by Twitter
source: The Verge

Rhett Jones - Gizmodo US [原文]
(Rina Fukazu)