完全にスレイヤーです。本当にありがとうございました。


ファッション業界をはじめ、アリシア・キーズやマーゴット・ロビーなどなど、ハリウッド・セレブたちの間でヘヴィメタル旋風が吹きまくっているのは常々お伝えしている通り。

リアーナに至っては、自分の名前をデスメタル調のロゴにしてしまうほどメタルのご執心でしたが、それに続けと(?)あのビヨンセもまた……。

Metal Injectionによると、ツアーのコンサート会場に出店したグッズ売り場に、大御所ヘヴィメタル・バンドのスレイヤーのロゴにソックリな「SLAYONCE」というピンバッジが並んでいたというからさぁ大変。

何が大変かって? これを見つけたのがスレイヤーの関係者だったのです。


Just. Stop. Stop it right now. This is a real pin being sold at her merch tables on her tour. #whenittakes12writerstowriteasongforyouofcourseyoustealfontsandlogos #yesitsreal

Ayesha Kingさん(@slaywhore)が投稿した写真 - 2016 5月 16 11:04午前 PDT



この写真はスレイヤーのギタリストであるケリー・キングの奥さん、アイーシャが投稿したもの。コメントにはこう書かれています。

ちょっと待って、そこで待ちなさい。これは彼女(ビヨンセ)のツアーで物販テーブルに並んでいた本物のピンバッジなのよ。

この書き方を見るに、スレイヤー関係者には知らされていなかったのかもしれません。

これはビヨンセのシングル「Formation」のサビで、"Slay”という単語が何度も歌われることに引っ掛けたダジャレ的発想で作られたものと考えられます。

まさかの大ポップ・スターが便乗メタルをしちゃうところにニヤリとしてしまいますが、権利的にはどうなんでしょうか……? そして、ビヨンセのファンはスレイヤーのパクリ オマージュだということに気付いているのでしょうか?

ちなみに、このピンバッジはebayで40ドルの値がついているそうです。


image: Metal Injection
source: Instagram via Metal Injection, WTF.nl

(岡本玄介)