なつかしくって見入っちゃう。

80年代風のSFサスペンスドラマ「ストレンジャー・シングス」の大ヒットや“シンセウェイブ”な音楽への回帰、極め付きに懐かしのソフトが入ったミニファミコンの発売と、今や空前の80年代ブーム!

そんな中、当時の映画の名シーンを集めた映像が公開されています。80sファンは必見の内容です。



これはThe Awesomerが取り上げた、Joe Primmerさんの編集動画。

画面にしつこいほどノイズが入っていますが、この演出のおかげでVHSの存在を強く感じられます。

途中で流れるバグルスの代表曲「ラジオ・スターの悲劇」の、新しい技術を歓迎しつつも過去の栄光を懐かしむ歌詞は、最新機器に囲まれて、そのハイテクに多大なる恩恵を受けていながらも同時に息苦しさを感じ、現代人は80年代が恋しくなっている……といったメッセージのようにも感じられ、非常にマッチしています。これは絶妙なチョイス!

それにしても、(世代によって感じ方は違うとは思いますが)この頃の映画はワクワク感が半端ではありません。


image: vimeo
source: vimeo via The Awesomer

(中川真知子)