紙資源の節約にも!

ディスプレイにメモをピタッと貼れるポストイット、便利ですよね。しかし新しいメモを作るたびにポストイットを消費するよりも、「貼りつけられる小型ディスプレイ」で、より快適なデスク環境を整えるのはいかがでしょう?



こちらの貼りつく小型ディスプレイを開発したのは、センサーやデバイスなどの研究しているTobias Grosse-Puppendahlさん。

なんとこのディスプレイ、充電を必要としません。背面に薄型の太陽電池を搭載し、室内灯からでも自分で発電することができるんです。

また、電子ペーパー(E Ink)によるディスプレイ表示は、Bluetoothで連携したスマートフォンやPCから更新可能。とにかくスマートで、手間のかからないディスプレイなんですね。

そもそも室内灯から発電できる電力は限られているので、この小型ディスプレイは低解像度のE Inkモニターを採用。さらに更新頻度も最高で1分に1回と抑えられています。でも、それでいいんです。メモですから。



最近はスーパーの値札表示などにもE Inkモニターが使われていますが、アイデアとしてはそれに似ていますね。自分のパソコンのディスプレイに貼り付けるもよし、同僚に渡したりとオフィスの共有メモ帳として使うもよし。貼りつけられる小型ディスプレイには大きな可能性がありそうです。

これ、市販化されたらすぐにでもほしいなぁ…。


source: YouTube, Tobias Grosse-Puppendahl

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)