ユー・ガッタ・タッチ!

1997年にMS-DOS用として出た初期のFPSで、珍妙な日本の描写からバカゲーとして親しまれた「シャドウ・ウォリアー」。2013年にリメイク版も発売されましたが、このたび新作となる「シャドウ・ウォリアー2」が登場しました。

モンスターを日本刀でたたっ斬る様子などゴアな描写が多いため、閲覧注意でどうぞ。



こちらはGameTyrantが取り上げた、DevolverDigitalの動画でした。

シットコムのオープニング風な人物紹介と、BGMの「トランスフォーマー ザ・ムービー」の挿入歌として知られるスタン・ブッシュの「ザ・タッチ」がもう80年代そのもの!

舞台は前作から5年後。主人公はニンジャ・マスターのロー・ワンで、相変わらず退職した日本企業ジラ・エンタープライズから狙われているようです。

グラフィックは現代的な美麗なものとなり、武器やステージも新しくなっています。プレイヤーも4人で協力できるのが大きな進化です。



ロブ・ハルフォード!……ではありません。なお、同じくDevolverDigitalより、12分のプレイ動画も上がっているのでチェックしてみてください。



前作よりバカ度は(これでも)下がっているようですが、忍術と剣撃で敵を倒すアクションは爽快感がありそうですし、ソウ・ブレイドでザクザク斬り刻むのも楽しそうです。

現在「シャドウ・ウォリアー2」はSteamで購入できます。レビューも好評です。

では最後に、なつかしの「ザ・タッチ」をお聞きください。


dj narcisseより


image: Steam
source: YouTube1, 2, 3 via GameTyrant, Steam

(岡本玄介)