デスメタルは可愛い(錯乱)。

ハローキティ先輩、シナモロール、ばつ丸くんにマイメロディ。日本のKawaiiを支え彩ってきた数々のサンリオキャラクターたち、その功績は計り知れないものでしょう。

しかしペンだったりアッポーだったりする現代、もはや面白いとか可愛いの定義は人の理解を超えつつあります。あのサンリオがデスメタルを歌うレッサーパンダを生み出し、あまつさえそれが海外でウケるなど、一体誰が想像できただろうか……ッ!



映像はsanriojapanより。そら異色でしょうよ。

紹介しているio9としてもデカルチャーなキャラクターだったようですが、海外のサンリオ公式TwitterによるとBuzzfeedにも取り上げられたことがある模様です。RAGE!!


Sanrio’s new character, Aggretsuko, is quite literally, actually, all of us https://t.co/SlTMPdUYw1 pic.twitter.com/CTDjiRx4rT

— BuzzFeed (@BuzzFeed) 2017年1月6日


デスると肩幅に足開くのすき。

そんな悩めるOL烈子の動く姿は、TBS系列の番組『王様のブランチ』にて見ることができます。放映された内容は、sanriojapanにて放送日から一週間限定でアップされているので、こちらもぜひ。



烈子「ううおおおああああああああああ」 pic.twitter.com/hmmvM8y75m

— アグレッシブ烈子【アニメ公式】 (@retsuko_anime) 2017年1月7日


私たちも、がんばれっさー。

・尋常じゃねぇ存在感ッ!!キティちゃんの首が長すぎるUSBメモリ
・キティの焼死体、ロスで見つかる

© 2017 SANRIO CO., LTD.

image: YouTube
source: io9, YouTube 1, 2, Twitter1, 2

(ヤマダユウス型)