9月19日放送の「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(TBS系、午後13時55分〜)では、進化している「なごやめし」の最新トレンドである台湾メニューを東京と名古屋で食べてみた特集の中で、スピードワゴンの井戸田潤さんと小沢一敬さんが「gz(グズ)」(東京都中央区)を訪れた。

銀座の歌舞伎座の向かいにある路地を入った所にあるダイニングバルの同店。
愛知県出身で本場の味を知っている井戸田潤さんと小沢一敬さんはまず、定番の名古屋めしの「手羽先の唐揚げ」(5本670円/税込み)と「串カツ(みそ)」(1本151円/税込み)を注文。「手羽先の唐揚げ」(5本670円/税込み)を食べた井戸田潤さんは「うまい!」「やっぱねー、あのソウルフードですよ、我々名古屋人は落ち着くねこれは」とコメント。
次に台湾メニューの進化系として誕生した、博多名物と台湾メニューがコラボレーションをしたメニューの「台湾もつ鍋」(1372円/税込み/2人前〜)を食べる事になり、一口食べた小沢一敬さんは「辛いけど美味しい!」「このプリプリ具合はやっぱ、ダイヤモンドだね」と声を上げた。そして井戸田潤さんは「確かに台湾ラーメンの辛みあるんですけど旨みしっかり出てる」「もつの甘み出てますよね」とコメントした。
「台湾もつ鍋」(1372円/税込み/2人前〜)はにんにく、豆板醤、唐辛子で炒めた辛みミンチで季節毎に産地を変えた新鮮なもつを食べるスタイルの料理で、食べた後は〆として「ラーメン」(216円/税込み)を加える事でもつの旨みがある台湾ラーメンになる。〆の一杯として「ラーメン」(216円/税込み)を食べた2人は「うまい!」「これ!これ!台湾ラーメンこれ!」「これ本当に美味しい!台湾ラーメンだ!しっかり」などとコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。