9月22日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系、午前08時00分〜)では、移転前に食べたい築地グルメを特集した中で、荘口彰久さんが「海鮮丼・大江戸・築地市場内店」(東京都中央区)を訪れた。

同店は、都営大江戸線築地市場駅から徒歩1分ほど、地下鉄日比谷線築地駅から徒歩5分ほどにある、築地市場内の海鮮丼専門店だ。マグロのプロが目利きをして選び抜いた特注品の天然マグロや、四天王と呼ばれる生トロサーモン、その日に市場に入荷したウニの中から厳選したウニ、北海が育んだ海の宝石・いくらなどをこだわりとして、それらを使用した海鮮丼が楽しめるという。

番組内では、新鮮な魚介を求めて行列を作る先にある、250種類以上もの豊富なメニューを取り揃えた海鮮丼専門店と紹介され、「大江戸ウニ盛り7点上丼」が紹介された。たっぷりのウニを中心に赤エビやズワイガニ、中トロなどがどんぶりを所狭しと埋め尽くす人気のメニューなんだそうだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。