9月23日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分〜)では、消費したカロリーに応じたメニューを食べる事ができるという企画の中で、陣内智則さん、近藤くみこ(ニッチェ)さん、佐藤仁美さん、江上敬子(ニッチェ)さん、土性沙羅さんが「肉のヒマラヤバル・築地店」(東京都中央区)を訪れた。

地下鉄有楽町線新富町駅5番出口から徒歩1分ほど、地下鉄日比谷線築地駅4番出口から徒歩5分ほどにある同店は、溶岩プレートで焼く巨大な肉の塊などが楽しめる肉料理の専門店だ。

裏銀座に佇む、都会の隠れ家的なお店と紹介され、看板メニューとして上質なA4ランクの牛肉が豪快に盛られた「肉のヒマラヤ(フルサイズ)」(8848円/税込み)が紹介された。続いて、スペイン産のハモンセラーノと甘酸っぱいパインを合わせた「生ハムのヒマラヤ」(2678円/税込み)が紹介された。

一同が注文したメニューは「瓶ビール」「生ハムのヒマラヤ」「肉のヒマラヤ」の3品。土性さんが「生ハムのヒマラヤ」を食べると「おいしいです」と笑顔でコメントし、続いて一同も「おいしいね」「この生ハムとパイン、とても合いますね」とコメントした。続いて、ヒマラヤ岩塩の上でサッと炙り、お好みのタレで頂く「肉のヒマラヤ」を食べると一同は「おいしいです、体動かした後なんで最高においしいです」「うん、おいしい」「岩塩の上で焼くといい」「いくらでも食べられそう」と絶賛し、肉料理専門店の味に十分に満足した様子だった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。