9月24日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分〜)では、相模原線を途中下車しながら旅する特集で、石井正則さんが「網元・萬蔵丸」(神奈川県茅ヶ崎市)に訪れた。

JR・茅ヶ崎駅から車で14分ほどにある同店は、「生しらす丼」をはじめ新鮮な魚介を使った料理が味わえるお店だ。番組では、お店の人気メニューとして「生しらす丼」(1080円/税込み)が紹介された。生しらすと相模湾で採れた生しらすを鮮度が落ちないように船の上で醤油ベースのタレで沖漬けしたしらすを、どんぶり飯の上にたっぷり乗せた一品だ。サイドメニューとして漬物、味噌汁がついてくる。

石井さんが「生しらす丼」を食べると「うわ!沖漬けの、このねったりした感じと生しらすの歯応えを感じる感じ、両方が混ざり合ってものすごいハーモニーです!」とたまらないといった表情でコメント。「これはすごいぞ!醤油で食べていて美味しいと思って全然気がつかなかったですけど、こうやって沖漬けで食べるとやっぱりこっちのほうが断然いいと感じますね。醤油ってちょっと、醤油の味がぶつかってたんだな、しらすとっていう感じしますよ」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。