9月26日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分〜)では、秋の味覚「おイモ」を使った絶品グルメを特集。「Lamp・Light・じゃがいも(ランプライトジャガイモ)」(千葉県市川市)を紹介した。

都営新宿線本八幡駅より徒歩1分の同店は、オシャレなバーのような雰囲気のじゃがいも料理専門店。「じゃがいもを主役にしたい!」という店主こだわりの様々な品種のじゃがいもが味わえる。取材日は10種類のじゃがいもが用意されており、その中からおすすめ3品をオーダー。
「北海道人のジャガバター」(680円/税抜き)は、その時期もっとも美味しい3種類のじゃがいもを使用。この日はアンデスレッド、とうや、ノーザンルビーが並び、素材の味を引き出してくれるバターと塩辛でいただく。
千切りのじゃがいもを巣に見立てた形に油で揚げ、そこへ半熟玉子を落とした「恐竜の卵」(840円/税抜き)は香ばしいイモの味が楽しめる野菜たっぷりのサラダ。
そして、じゃがいもそのものを揚げて器として使用した「おいしいポテトグラタン」(600円/税抜き)は、くり抜いた部分にホワイトソースをたっぷり入れサイドにマッシュポテトを添えチーズをまぶして焼き上げた一品。食した番組ADは「溶けたチーズと合ってとても美味しいです!」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。