9月26日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時53分〜)では、千葉の房総で食べられる秋ならではの海鮮料理店を特集。鋸南町・保田漁協の直営店というお食事処「ばんや(千葉県安房郡鋸南町」が紹介された。

とれたての魚が味わえるというこのお店。入り口から沢山の人達が並び、中に入るのも一苦労という状態。人をかきわけ店内に入ると、ここでもまたスゴイ行列。週末になると1時間待ちは当たり前だという。訪れていた家族連れのお客さんに話を聞くと、「ここに来たくて。いつもおいしいので。何ヶ月かに1回、無性に食べたくなって来ています」とほとんどがリピーター客のようだ。

紹介された料理は、鮮度抜群の「地魚の刺身6点盛り」(1450円/税別)。日によって魚は違うが、この日はカンパチ、イナダなど分厚く切り分けられたお刺身の盛り合わせ。 他にも今が旬の脂がたっぷりのった「アジ刺身」(900円/税別)、当日の朝に獲れた「朝獲れ寿司」(800円/税別)、サザエの刺身が入った豪華な盛り合わせの「大名御造り刺」(2500円/税別)など。周りのお客さんも「身がしまっていて、おいしいです」と好評だ。

メニューは全部で100種類以上、ほとんどが房総半島の地魚で作られ新鮮な魚を堪能できる。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。