9月28日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分〜)では、神奈川県大山から江ノ島、鎌倉を旅する中で、佐藤弘道さんが「江之島亭」(神奈川県藤沢市)を訪れた。

同店は、小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩25分にある、明治42年に創業された磯料理のお店だ。江の島の定番料理などを富士と湘南を望む絶景とともに楽しめるという。

番組内では、江の島の名物丼が味わえる明治創業のお店と紹介され、「名物・江の島丼」がメニューとして紹介された。昔から食べられていたサザエの醤油煮を、卵とじにして一工夫した物が現在の江の島丼になったという。

佐藤さんは、メニューが届くと「うわっ、えっ?何これ中身?」と店長に聞いてサザエと知り、驚いた様子。食べると「あっ、こちらはもう間違いなく」「歯ごたえもあって、美味しい」とコメント、江の島丼の歴史を聞き、感心した様子で「勉強になりました」と最後にコメントし、江の島丼の味と歴史を十分に堪能した様子だった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。