10月1日放送の「めざましどようび」(フジテレビ系、午前06時00分〜)では、秋の三浦半島で三崎の穴場を食べ尽くす旅を特集。佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)さん、松本明子さんが「丸一食堂」(神奈川県川崎市川崎区)を訪れた。

JR鶴見線浜川崎駅より徒歩16分ほどの同店は、鮮魚店を併設した海鮮料理店。三崎のマグロをはじめ、毎朝三崎港に水揚げされる魚介類を取り揃え目利きの店主が厳選した海の幸が味わえる。
店頭で自らが選んだものを調理して貰えるとあってお二人は、タイ、イカ、マグロ、カワハギなどを購入。2階の食事処で頂いた。
大皿に豪快に盛り付けられた「伊勢エビ・マグロ・ヘダイ・カワハギ・イカお刺身盛り合わせ」は見るだけでテンションが上がる一品。ヘダイを食した二人はうんうんと頷き「すごい弾力ですね!美味しい〜!」と箸が進む。
添えてある肝をつけてカワハギを頂いた松本さんは「うわ!濃厚〜!新鮮だからまったく臭みないですね!」とコメント。肝をご飯にのせて食した佐野さんは「今日まで生きててよかった〜!」と感激していた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。