10月1日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分〜)では、視聴者プレゼントにふさわしいご飯のお供を探す旅のコーナーで、ヒロド歩美さんが「Tanto・Piatto(タントピアット)」(兵庫県神戸市中央区)を訪れた。

同店は、JR三ノ宮駅から徒歩10分ほどにある、化学調味料を一切使用しない料理づくりを続けているイタリア料理レストランだ。

番組では、イタリアで修行した後、お店を出したオーナーシェフによる、驚くような素材の組み合わせの独創的な料理を楽しめるお店と紹介され、オススメのメニューとして「完熟トマトと桃の冷製スパゲッティ」が紹介された。ヒロドさんが食べると「びっくり!合いますね」と驚いた様子でコメント、続けて「甘みと酸味がうまい具合に融合してますね」とコメントした。

次に紹介されたのはオーナーシェフが10年かけて開発したという「神戸えびソーセージ」が紹介された。材料は毎朝市場で仕入れるという新鮮な海老と香り付けのパセリのみで、ソーセージ1本に使う海老は8尾なんだそうだ。ヒロドさんが食べると「あ!エビ!」「ソーセージのプチンとした感じとエビのプリッとした感じ」と味に満足した様子でコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。