10月1日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前09時30分〜)では、ゲストと一緒に巡る「シン・ゴハン」なご飯スポットを特集。「トラピッツィーノ・東京・吉祥寺店」(東京都武蔵野市)を紹介した。

京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩7分ほどの同店は、2016年4月にオープンしたお店で、イタリア・ローマで誕生し人気となった「ピザ」と「サンドイッチ」が融合した新感覚ピザサンド「トラピッツィーノ」が味わえる。
ふっくらと厚めに焼いたピザ生地にローマの本格煮込み料理をたっぷりとサンドした、ありそうでなかったメニュー。
スタジオで「ナスのパルミジャーナ」(650円/税抜き)を食した新川優愛さん、横澤夏子さんは「生地がモチモチしていて、ずっしりと具が入っていて小ぶりなのにお腹にたまる」「チーズがすごく美味しい!最高!」と絶賛。
お店1番人気の「鶏のカッチャトーラ」(700円/税抜き)を食した出演者は「酸味が利いていて飽きないのと、ローズマリーとかのハーブを使って煮込まれているので香りがよくて美味しい」とお気に入りのようだった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。