10月4日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分〜)では、築地の知られざる名店を巡るコーナーで、渡部建さん、いとうあさこさん、藤森慎吾さん、氷川きよしさんが「つきじ芳野・吉弥」(東京都中央区)を訪れた。

東京メトロ日比谷線築地駅1番口から徒歩6分ほどにある同店は穴子の仲卸が営む穴子料理の専門店。新鮮な穴子を濃いめのタレで煮込み、ホロホロと柔らかく、プロがうなぎ以上と絶賛する穴子重「あなごのばかし」などが楽しめる。
穴子を食べ尽くせるメニューとして「ばかしあい」を紹介。煮穴子と焼き穴子をご飯に乗せた穴子重で、焼き穴子は一度焼いて、さらに自家製のタレをつけて焼き上げることでパリパリに仕上がっている。「ばかしあい」の煮穴子を食した氷川きよしさんは「柔らかい!ふわ〜っとして。ふわふわですよ!幸せ。」とコメント、続けて渡部建さんは「溶けるなんてもんじゃないよこれ!ご飯の間にさっと入ってきますね。」と絶賛。「クリームのよう。」「タレがまた良いですね!」と、いとうあさこさん、藤森慎吾さんも次々と感嘆の声を上げた。煮穴子に次いで焼き穴子を食した氷川きよしさんは「これもまた全然違う感じになりますね。」、続けていとうあさこさんが「全然食感ちがうね!プルっとして、歯ごたえが。ん〜。美味しい!」とコメント。渡部建さん、藤森慎吾さんも「弾力楽しむ感じだね。」「皮もしっかり噛める。」と絶賛し、穴子重を楽しんだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。