10月6日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分〜)では、飛騨高山から白川郷を目指す旅の中で、大鶴義丹さんが「蕎麦正・なかや」(岐阜県飛騨市)を訪れた。

JR高山本線・飛騨古川駅から徒歩5分ほどにある同店は、「飛騨ざるそば」や「蕎麦の刺身」などのそばメニューをはじめ、手打ち蕎麦が味わえる蕎麦店だ。番組ではお店の看板メニューとして「飛騨ざるそば(並)」が紹介された。ご主人が力を入れて作る中力粉3割が入った手打ち蕎麦が味わえる一品で、最初の一口は岩塩で食べるのがオススメだそうだ。

他にお店のメニューとして「蕎麦の刺身」が紹介された。畳まずに薄い状態で伸ばした蕎麦を短冊状に切って茹でた後に水でしめ仕上げた、香ばしさがある歯ごたえのある蕎麦が味わえる一品だそうだ。

大鶴さんが「蕎麦の刺身」に塩とわさびを包んで食べると「うん!歯ごたえ面白いですね!あっ、塩わさび合いますね!」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。