10月8日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分〜)では、福岡・博多で視聴者プレゼントにふさわしいご飯のお供を探す旅のコーナーで、ヒロド歩美(朝日放送アナウンサー)さんが「博多・い津み」(福岡県福岡市博多区)を訪れた。
同店は地下鉄七隈線、渡辺通駅から徒歩9分。 福岡市、住吉神社の近くで営業するふぐ料理店だ。

この店のフグのさばき方には「二枚引き」と呼ばれる特徴がある。一度切ったふぐにもう一度包丁を入れて開く事で、身の幅が広くなり、ふぐの旨味が口いっぱいに感じることが出来るのだ。「天然ふく刺し」を塩だけでいただいたヒロドさんは、「あー!美味しいです」「ふぐそのものの旨味がしっかり伝わってきた気がします」とコメントした。

次いで店のご主人が出してきたのが「ふくのオイル漬け「コンフ」プレーン」だ。ふぐをオイルで蒸して作ったもので、旨味が凝縮されている。この一品にヒロドさんは「あー!凄い!」「口の中に入れた瞬間にふぐ、ふぐ、ふぐ、ふぐ、って凄かった!ふぐ一匹分食べた気がします」と笑顔を見せた。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。