10月8日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分〜)では、観光客で活気づく東京・築地を巡り、秋が旬の絶品グルメを味わい尽くすコーナーで、ホンジャマカの石塚英彦さんが、鮮度抜群の豪華丼を楽しめると有名な「築地青空三代目・hafu店」(東京都中央区)を訪れた。

獲れたての新鮮魚介がたっぷり盛られた様々な丼が楽しめるところが人気を呼び、地方からのお客さんも訪れ賑わっている同店。こちらで頂くのは、金目鯛や大トロ、ノドグロなどの高級魚がふんだんに盛られた「最強丼」に、更にサーモンとイクラが乗ったワンランク上を行く丼「極」(3240円/税込)。まずシャケの切り身でイクラとご飯を包んで頂いてみる。「シャケの脂、ハンパないっすね。」とコメント。続いて軽く炙った高級魚ノドグロを頂くと「ただトロトロなんじゃなくて、最初から魚自体に出汁が利いてるんじゃないかぐらいの、すごい旨みがありますね。」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。