10月13日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分〜)では、埼玉県川越から行田を目指す旅の中で、渡辺正行さんが「カフェギャラリー・高澤記念館」(埼玉県行田市)を訪れた。

 秩父鉄道線・東行田駅から徒歩13分ほどにある同店は、築約300年の古民家を改装してカフェとして営業しているお店。建物は国の有形文化財に指定されている。店内には工芸作家の作品を展示するギャラリーを併設しており、アートに触れつつ温かいお茶と美味しい料理で癒しのひとときを過ごすことが出来る。

 番組では「さきたま古墳古代米カレー・ココナツミルクカレー」を紹介。こちらは古墳(前方後円墳)をイメージして盛りつけた古代米に彩り鮮やかな野菜を添えたカレーライス。カレールーはココナッツミルクをベースにした、スパイシーでほんのり甘いアジアンテイスト。

 「さきたま古墳古代米カレー・ココナツミルクカレー」を食した渡辺正行さんは、「スープカレーのような、さらっとしたインドのカレーのような」「野菜と古代米でめっちゃヘルシーですね」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。