10月15日放送の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系、午前05時30分〜)では、女性アナウンサーがおすすめする個性派小籠包を特集。徳島えりか(日本テレビアナウンサー)さん、望月理恵さんが「過門香・銀座本店」(東京都中央区)を訪れた。

地下鉄有楽町線銀座1丁目駅より徒歩1分ほどの同店は、中国大陸料理を楽しめるモダンチャイニーズダイニングをコンセプトにしたレストラン。
スープがたっぷりなため「小籠包」とは呼ばず「湯」という字を用いて「大湯包(ダイタンパオ)」(650円/税込み)と呼ばれる料理は、テーブルに用意されたストローも使用して頂く一品。
手のひらより大きな皮に、豚肉、ネギ、生姜、トマトが混ざった餡を包み蒸し上げた「大湯包」は、タポタポ感が見た目だけでも充分に分かる、まるで中華まんのような大きなサイズが特徴。
まずは好みの角度でストローを刺し、中のスープを味わう。「熱い!でも、美味しい!」「色んなもののエキスが詰まっている感じが一気に口の中に広がりますね」と2人はコメント。
スープを少し残しお肉と皮とスープのマリアージュを楽しむのがおすすめと徳島さんが力説すると、大湯包を口に運んだ望月さんは「ん〜!美味しい!皮プリップリ!」と絶賛した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。