10月15日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系、午前08時30分〜)では、大阪の新定番スポットを特集した中で、ゴリ(ガレッジセール)さん、川田広樹(ガレッジセール)さん、竹崎由佳(関西テレビ放送アナウンサー)さんが「Wasabi(ワサビ)」(大阪府大阪市中央区)を訪れた。

同店は、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分ほど、南海本線難波駅から徒歩8分ほどにある、四季折々の食材と自然農法の野菜を中心とした旬の食材にこだわった串カツを味わうことが出来るお店だ。

番組では、石畳に行灯が並ぶ細い路地に料亭やバーなどがひしめき合う横丁にある創作串揚げ店と紹介され、まず紹介されたメニューは、中華風の「マコモタケ」と「京野菜の伏見唐辛子串」。マコモタケは台湾の野菜だという。一同が食べるとゴリさんは「なるほど!やられた!」と驚いた様子でコメント、続いて竹崎さんが「中にじゃこと山椒が入ってましたよ」とコメントした。

こういった旬の野菜をメインとした芸術的な創作串揚げが楽しめるメニューとして「wasabi・おまかせ串揚げコース」と「シャンパン」が紹介された。

最後に、温泉卵をスプーンで軽く混ぜてソース替わりにつけて食べるという「アスパラガスの温泉卵添え」が紹介された。食べるとゴリさんは「うめぇ」とコメントし、川田さんは「アスパラの甘みとハモの塩加減のバランスが丁度いい」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。