10月17日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分〜)では、旬の秋鮭と秋鯖の調理方法を調査した中で、ドロンズ石本さんが「魚力」(東京都渋谷区)を訪れた。

東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩7分ほどにある同店は明治から続く鮮魚店が営む和定食のお店。
お店のおすすめメニューとして「さば味噌煮定食(カミ)」を紹介。さばの味噌煮に使用されている鯖は1本を真ん中で切り、お店では胴をカミ、尻尾の方をシモと呼んでいてお客さんは好きな方を選ぶことができる。ドロンズ石本さんは脂が乗っているカミを選び、メニューの札を持って席へ移動した。テーブルに運ばれてきた「さば味噌煮定食(カミ)」はさばの味噌煮とごはん、味噌汁、小鉢がセットになったメニューで、メインは白味噌でふっくらと煮込んださば味噌煮だ。下処理をした鯖を水煮で約12時間煮込み、味噌の煮汁とネギを加えて味を含ませた一品。さば味噌煮を食したドロンズ石本さんは「うまい!染み込んでますね〜。あっ、でもしっかり鯖の旨味と脂もしっかり残ってて、でも味噌の香りが、うまいですね〜。これ!」と絶賛した。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。