10月17日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分〜)では、観光客が激増している広島県尾道市の魅力や人気スポットを特集。遠藤章造さん、山本博(ロバート)さん、朝比奈彩さんが「いわべえ」(広島県尾道市)を訪れた。

JR山陽本線尾道駅より徒歩15分ほどの同店は、 平成元年開業の尾道焼きの老舗で地元の方も多く訪れる名店。
名物「尾道焼」は、広島お好み焼きをベースに独自の進化を遂げてきたもので、コリコリとした食感がアクセントとなる「砂ずり(鳥の砂肝)」を入れるのが特徴。
鉄板に薄く敷いた生地にカツオ削り節、キャベツ、天かすを乗せたら、焼いたスルメを薄く伸ばして焼いたイカ天を乗せる。砂ずりだけでは味がないためこのイカ天で旨みを出すのだそう。
野菜がしんなりしたところで焼きそばとドッキングさせ薄く焼いた玉子に乗せて仕上げる。
「ん〜!うまい!砂ずりの食感もそうなんですけど、イカ天の旨みや風味が口の中で広がる!」と朝比奈さんはコメント。「口に入れた瞬間にイカ天の味が広がるね」「食感めちゃくちゃいいね!」と3人とも大絶賛だった。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。