10月18日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分〜)では、福井県小浜から京都を目指す旅を放送。女優の藤田朋子さんが「徳右エ門」(福井県三方上中郡若狭町)を訪れた。JR小浜線三方駅から徒歩15分ほどの同店は、創業120年以上の老舗うなぎ料理店。

店主おすすめの「鰻・せいろ蒸し」は、高たんぱくなゴカイを食べて育った三方五湖のうなぎを代々続く秘伝のタレでじっくり焼き上げ、タレで混ぜ合わせたご飯と共にせいろに敷き詰めて蒸し上げた一品。よりふっくらと、そしてあつあつの状態で食べて欲しいという思いから10年ほど前に考案されたメニューだそう。

せいろからお茶碗によそい、あつあつを頬張る藤田さんからは幸せそうな笑みがこぼれ「美味しいね〜!身がふっくらで皮はパリッとしてて。タレも美味しいですね〜。でもあっさりしてて、タレで食べている感じではなく、本当にうなぎの美味しさが出てる」とコメント。しつこさがなく、しっとりふわふわのうなぎが味わえるせいろ蒸し、寒い季節にもピッタリだろう。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。