ドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーは、チームの最前線に問題があるとは考えていない。記者会見で語った。

ドイツは8日、W杯欧州予選でチェコと対戦する。招集メンバーにはストライカーのマリオ・ゴメスが含まれていたが、負傷離脱し、マリオ・ゲッツェ、トーマス・ミュラーといった選手が代役を務めるとみられている。ユーロ2016でも活躍したストライカーの離脱は痛いところだが、ノイアーはゴールを挙げることのできる選手は他にもいると主張した。

「マリオ・ゴメスが前線にいないのは残念だが、他にも点を取れる選手はたくさんいる。僕らは柔軟なチームで、攻撃において多くの選択肢がある。セットプレーからDFだって得点を奪えるしね。攻撃の選手がゴールを奪えれば、大きな自信になることだろう」

「2つの重要な試合で勝ち点6を持ち帰りたい。僕らの目標はグループをトップで通過することだ」

ドイツは8日にホームでチェコと対戦し、11日にホームで北アイルランドと対戦する。