ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第4節でヴォルフスブルクと対戦し、5−1で勝利した。出番が訪れず、ベンチから試合を見守ったドルトムントのMF香川真司がコメントしている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

香川は公式戦3試合連続の大勝となったことに「スタートが良かった」と話し、高い位置からのプレスとカウンターがはまっていたことがゴールラッシュの要因になったと語っている。

また、本職はサイドバックでありながら、自身と近いポジションで使われているラファエル・ゲレイロに関しては「良いですね。左サイド全般のポジションをできるということを証明しつつあるのでね。すごく良い選手ですし、結果も残している」と評価した。

負傷の影響もあり、開幕節以降スタメンから外れている現状に「俺を使いにくい状況ではあるし、今は我慢というか。良い競争なんじゃないですかね」とコメントしている。

満足に出場機会を得られていない香川だが、“我慢”ととらえ前向きに捉えている様子。香川が重要な局面で必要とされる日を楽しみに待ちたいところだ。