ザンクト・パウリに所属する宮市亮が、22日に行われたブンデスリーガ2部第6節の1860ミュンヘン戦に先発出場。自身の大きな武器であるスピードで先制点の起点となっている。

前半17分、相手のパスをカットした宮市はドリブルでボックス内までボールを運ぶと、右足でクロス。これはDFにカットされるが、こぼれ球をクリストファー・ブフトマンが押し込んだ。

しかし、宮市は67分に途中交代。その後、両チームは一進一退の攻防を繰り広げ、2−2のドローに終わっている。6試合を終え、1勝2分け3敗の14位と沈むザンクト・パウリ。宮市には結果を残し、勝利に貢献することを期待したいところだ。

※誤った写真が掲載されていました。訂正し、お詫び申し上げます(9月23日8時現在)