アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、同僚のナイジェリア代表FWアレックス・イウォビを高く評価している。『アーセナル・プレイヤー』が伝えた。

イウォビは昨シーズンからトップチームに定着。今シーズンも7試合に出場し、3アシストをマークするなど存在感は日に日に増してきている。エジルはイウォビについて伝説的な2人の選手が合わさったようなタイプだと語った。

「彼は叔父である(ジェイジェイ)オコチャを思い出させるね。オコチャのプレーは大好きだった。アレックス(イウォビ)はオコチャと(エドガー)ダービッツを合わせたような選手だね」

「ダービッツは守備でボールに強い選手だったけど、イウォビはゴール前で強さを発揮できる。何ができるかよくわかっているし、ピッチ上で何も恐れていないように見えるね」

続けて「彼は成長している最中だし、シーズンを通してプレーできれば、大きく能力を伸ばすだろう。監督は彼の良さをわかっているし、僕も幸運を祈っている。若いし、正しい道を歩んでいると思う」とイウォビの成長に太鼓判を押した。