アメリカ代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督がイングランド代表の指揮官に就任するといううわさを否定した。

先日、サム・アラダイス監督がイギリス紙『テレグラフ』によって明らかにされた不祥事により、イングランド代表の指揮官のポストから転がり落ちた。暫定監督としてU−21イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が就任したが、新監督の候補には数多くの人物が浮上している。その一人としてクリンスマンが挙げられていたが、自身の公式ツイッターでうわさを否定している。

「イングランド代表を率いるといううわさは事実ではない。11月11日のメキシコ戦に集中している」

なお、イングランド代表の新監督候補として、スティーブ・ブルース、クリスタル・パレスを率いるアラン・パーデュー、ボーンマスを率いるエディ・ハウなどが挙げられている。