ユヴェントスはイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの後任としてミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを考えているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。

ドンナルンマは17歳の若さでミランのゴールマウスを守り、すでにイタリア代表でもデビューを飾っている。すでにチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも注目している逸材だが、ユヴェントスもこの若きGK獲得レースに参戦する可能性があるようだ。

ユヴェントスの守護神は38歳のブッフォンが務めており、若返りは急務となりつつある。一方で、財力のあるイングランド勢を相手にすることが難しいと理解しているため、アストン・ヴィラのGKピエルイジ・ゴッリーニ、SPALのGKアレックス・メレトにも興味を示しているという。二人ともイタリア人で2部リーグながら、出場機会を得ている。