チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチは、ストーク・シティにオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチはもったいない存在であると考えている。

W杯欧州予選で10日に対戦するセルビアとオーストリア。セルビアは直近の試合でモルドバを3−0で下し、オーストリアはウェールズと2−2で引き分けている。ウェールズ戦で2ゴールをマークしたアルナウトビッチにイバノビッチは警戒心を強めている。

「アルナウトビッチには最大限の敬意を払っている。彼は昨年プレミアリーグで大きく成長したからね。ホームのセルビアでやるが、父がセルビア人のアルナウトビッチにとってはホームみたいなものだし、警戒しなければならない。彼を抑えれば、クリーンシートのチャンスがあるだろう」

一方で「アルナウトビッチは大きく成長したし、より大きなクラブでプレーするに値する」とストークでプレーしていることにやや否定的な見方を示した。アルナウトビッチは今シーズン、ここまで1ゴールに留まり、チームも降格圏の19位に沈んでいる。