日本代表は11日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1−1で引き分けた。

原口元気のゴールで先制した日本だったが、後半はオーストラリアに押し込まれるシーンが目立ち、PKから失点。それでも最後まで追加点を与えず、敵地で貴重な勝ち点1を奪取した。

試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は以下のように語った。

「勝ち点1を得たというより、勝点2を失ったという気持ち。(組織を)オーガナイズしてオーストラリアにチャンスを作らせなかった一方で、我々には2、3回、得点をとるチャンスがあった。選手たちは素晴らしい試合をしたし、戦術面をしっかりと管理してくれた。フレッシュさ、スピードがあれば勝てたと思う。やはり勝点2を失った気持ちが大きい」

「(本田をワントップ起用したスタメンは)少し戦術面でサプライズを起こそうと。効果的になるように。もう少しパフォーマンスがよければ、この試合に勝てたと思う」

「(次節のサウジアラビア戦に向けて)まずはこの試合をしっかり分析したい。あのPKにはフラストレーションが募る」